楽天銀行の積立定期の色々なメリット

仮想通貨と定期預金

ネット銀行の積立定期の特徴について

楽天銀行の積立定期の色々なメリット 画像

貯蓄としてはスタンダードなものとして銀行の定期がありますが、その定期でも積立貯金や定期は一定の金額を自動で引き落としてくれるので手軽に出来ることからやっている人も多いですね。銀行系のサービスとしては最近だとネット銀行もこれらの定期や積立サービスに力を入れており、大きなネット銀行としては楽天銀行、ソニー銀行、イオン銀行などが取り扱っています。

まだ積立関連は少ないのですが、これらのネット銀行は大手であり普通銀行としても人気があり、実際に使ってみると金利面での優遇されており検討をする価値があるものとなっています。ネット銀行に関してはネット上の手続きが簡単という点がありますが、それ以上にこれら積立定期のサービスは少額から始められるという点が便利になっています。

楽天銀行は月に1000円以上ならば自分の好きな金額を積立金に指定できますし、ソニー銀行でも月に1000円となっており、こちらは100万円までの一年運用だと金利は0.15%と良いものになっています。イオン銀行に関しては月に5000円という少々ハードルが高くなっているのが特徴ですが、イオンカードセレクトと一緒に行うことで様々な特典を受けることが出来ます。

楽天銀行の積立定期の基本的なスペック

さて今回紹介するネット銀行の積立定期ですが、大手である楽天銀行のサービスになります。こちらの楽天銀行はネット銀行としても通常の口座として色々と便利ですし、豊富なポイントキャンペーンなどが豊富なのが人気です。楽天銀行には通常の預金、定額預金、エクステ預金、デュアル定期預金などがありますが、積立定期として利用できる定期預金は自分で値段を決められるという点があり、利便性が高いのは嬉しいですね。

楽天銀行の通常預金に関しては金利は0.02%ですが、楽天カードの利用があると0.04%、楽天証券とのマネーブリッジがあると0.10%という水準になりかなりお得になります。定期預金に関しては一番低いものとしては0.02%となっていますが、一定の3ヶ月や2年単位となると高くなるので、これらを目標として選んでもいいでしょう。

積立定期に関しては自分で好きな金額を決められることもあり、1000円以上の金額を自分が好きに決められる他にも、決まった月の積立金を増やすことも可能なので柔軟な積立定期をすることができます。口座からの自動引き落としで積立が可能なので、コツコツと毎月積立をしていき、比較的自由な期間で出来るのが良いですね。

低額からできる楽天銀行の積立定期

さて楽天銀行の積立定期を簡単に説明していきましたが、やはり一番のメリットは1000円からの低額で出来るシステムにあります。自分で好きな金額を決められたり、あるいはボーナス時には増額も可能なので普通の銀行の積立定期と変わらないシステムで利用できます。

楽天銀行に関してはこれ以外にも通常の定期として1週間や2週間の定期預金もあり、このへんは利用者のニーズをしっかりと考えて使いやすい定期を提供している姿勢があります。通常の定期に関しても色々なキャンペーンなどをやっており、こちらの金利面での優遇さも人気があるのですが、やはり通常の定期は契約期間や金額面でも条件が多いという点がネックとなります。楽天銀行はそれでも色々な柔軟性があるのでネット銀行として便利なのですが、積立定期に関してはやはり少額や低額から始められるという点もありおすすめしたい商品となっています。

ネット銀行という仕組みは根本的に将来性が、既存の実店舗銀行と比べると不安定になるのは仕方ありませんが、しかし最近だと楽天銀行を始めとするネット銀行は益々大きく事業を拡大しています。その点も考えると以前よりもずっと信頼性が高くなっている楽天銀行はおすすめです。

↑ PAGE TOP