ネット銀行の積立定期の豊富なメリット

仮想通貨と定期預金

一般銀行とネット定期の決定的な違い

ネット銀行の積立定期の豊富なメリット 画像

一般銀行の定期預金は現在雀の涙ほどの金利しかなく資産運用の点から考えると、決して賢い運用方法とは言えません。かつては定期預金をしておけば間違いないとの風潮がありましたが、現在では一般銀行における定期預金だけでは心許ない現状となっています。

一方、ネット定期の金利は一般銀行に比べて5倍から100倍もの金利が得られます。資産運用ではこの違いが大きな違いとなってきていて、数年後には大きな違いとなります。 ネット銀行も急速に増えていてイオン銀行・ソニー銀行・楽天銀行などのネット銀行の代表ともいえるこれらの銀行は、いずれも高い金利を維持していますので、より賢い資産運用をしたい人にとっては是非選んでおきたい選択肢の一つであることは間違いありません。

ネット銀行の金利が高い理由は幾つかあります。 人件費がかからないこと実店舗がないなどが主な理由なので、今後もネット銀行の金利が下がることは考えにくく将来性があると言えます。 またネット銀行の積立定期は小額から始められるので、気軽に始められる点も大きな魅力です。これからネット銀行と一般銀行の積立定期の差は、どんどん開いていくことは間違いようのない事実だと言えます。

それぞれのネット銀行の比較

一口にネット銀行はお得だと言っても、それぞれに特徴があり魅力も異なっています。

ネット銀行を代表するのは、ソニー銀行・イオン銀行・楽天銀行の三つです。 ソニー銀行は、積立定期預金が0.05%とネット銀行の中でもまずますの金利を誇っています。積立単位も1000円からとなっているので、非常に扱いやすいと言えます。 次はイオン銀行です。

イオン銀行の魅力は何といっても金利の高さです。 積立定期預金金利が0.15なのでネット銀行の中でも、群を抜いて高いです。 積立単位も5000円からなのでこちらも始めやすいと言えます。また、イオンは全国のいずれかの店舗内にリアル店舗がありますので、ネットでのやり取りが不安な方でもおすすめです。

最後が楽天銀行です。 楽天銀行はネット銀行の先駆けとも言える銀行で、サービスの充実度も他の銀行とは比べ物になりません。定期預金金利は0.02%前後なのですが、他のサービスと合わせることによってお得な特典を受けることが可能です。 このように一概にネット銀行と言ってもそれぞれに特色があり魅力も異なるわけですが、どれもが一般銀行よりも高い積立定期金利を誇っており、メリットが十分に受けられます。

ネット銀行で積立定期を始めてみよう

「資産運用をしたいけど何から始めれば良いのか分からない」という人こそ、ネット銀行での積立定期がおすすめです。将来性も抜群で、ペイオフ制度のもと1000万円までなら政府によって保証されます。

この点は「ネットだから不安」と感じる人にとって、大きな安心材料になります。 また、ネット銀行はいつでも思い立った時に手続きできるので積立定期と言っても、ネットで簡単に始めることが可能です。ややこしい操作などは一切ありません。 気になるネット銀行での積立定期のデメリットですが、この点においてもほとんどないと言えます。

ペイオフ制度も適用されますし、何より大手が経営しているので破綻する心配もありません。その証拠にネット銀行が始まって何年も経過しましたが、潰れてしまったところは一つもありません。 一般銀行に比べて高い将来性を持っています。

また、中途解約手数料もかからないので元本割れすることもないです。 利用者にはメリットだらけでデメリットは一つもないネット銀行です。資産運用に詳しくないからこそ、ネット銀行で積立定期という流れは今後もどんどん増えていきます。高い金利と安全性、そして手軽さが何よりもネット銀行の強みです。

↑ PAGE TOP